病院を後にしてからも安心です

日産厚生会玉川病院では、連携支援センターを設けて地域医療と福祉機関とのつながりを強めています。
昨今、まずは地域医療の軸である個人開業医のもとで診察を受け、より詳しい検査や専門的な治療が必要な場合は大きな病院に紹介状を書き、それを持って受診に行ってもらうという形態をとるようにと、国が推奨しています。
そのため、紹介状を持って日産厚生会玉川病院を受診してきた患者さんがよりスムーズに受診できるよう、予約の調整などに力を入れています。
地域医療で診断された診療情報もしっかりと管理し、日産厚生会玉川病院における診察や治療に効果的に反映できるように配慮しています。
さらに福祉機関とも連携を取り、高齢の患者さんに対しては退院後の援助やケア指導に当たっています。
また、在宅で医療を受けたいという方には、在宅サービスをどのようにして受けるかといった調整も執り行っています。
退院や治療が終わったら、はい、それまでというのではなく、その後も継続してケアを希望される場合の相談にも乗っているのです。
こうした連携支援センターを設けることによって、これまでの治療や病歴がすぐにわかるようになり、病院と地域との連携がより密になります。
特に高齢者の場合、福祉と抱き合わせた医療支援が不可欠な時代になったからこそ、この連携支援が大いに役立ちます。