平成26年度東京医科大学後期臨床研修募集というチャンス

卒業してから3年目以降、専門医養成プログラムには関心を持つところではないでしょうか。
新医師臨床研修制度の臨床研修が終わり、より深くを学びたい、医師としてもまだ若く、学習意欲に満ちている思いを実現できるチャンスが、後期臨床研修です。
東京医科大学では、平成26年度の後期研修医募集がスタートしています。
採用試験は平成26年2月15日土曜日の午前から、募集連員は約15人です。
東京医大整形外科医局は1949年に創設、歴史もあり充実した研修を望んでおり、若く学習意欲に満ちた人材を待っています。
整形外科では、救急外傷、関節外科、スポーツ外科など、全身における運動器を中心に学ぶことができます。
再度申し込み資格を確認してください。
平成16年の医師国家試験以降に合格していること、平成26年3月末までに、2年間の臨床研修の修了を予定していることが必要になります。
平成26年3月31日の時点で、医師国家試験合格後の年数にも注意してください。
この時点で5年未満であること、臨床研修を修了予定、終了している者であること、これも申し込み資格です。
二段階審査により選考を通過した、その後の契約期間は1年毎です。
手当は月額20万円、それに宿直手当や超過勤務手当がつきます。
常勤の後期臨床研修医となり、研修日程は週1日です。
研修期間は、3年間です。
自分をよりレベルアップさせるためにも、チャンスではないでしょうか。
後期研修医 臨床研修医 シニアレジデント募集|東京医科大学整形外科 関節外科 脊椎外科