オリヒカのスーツやカジュアルに共通する思いとは

オリヒカ(ORIHICA)とは株式会社AOKIが展開しているニュータイプスーツストアですが、そのアイテムはスーツのみにとどまらない意欲的なラインナップとなっています。
シャツやネクタイ、コート、ジャケットはもちろんのこと、カジュアルシャツやカットソー(Tシャツ)、さらにはニットセーターまで用意されていますから、その充実ぶりには目を見張るものがあります。
しかし、オリヒカのクリエイティブ・ディレクターである英国人のサリーム・ダロンヴィル氏によりますと、ただ単に幅広いアイテムをそろえたわけでは無く、各アイテムに共通する思いがあるとのことです。

一般にファッションアイテムというものは、あらかじめ想定されたTPOがあり、それぞれのTPOでいかに魅力的な存在になりえるかということが重要なポイントになってきます。
ですがダロンヴィル氏が発表された文章を読んでみますと、オリヒカのアイテムはそういったことに縛られ過ぎないことを重視していることがうかがえます。
もちろん、基本的な方向性としてのフォーマル向けやオフ向けなどはあるのですが、あらゆるアイテムを自由に活用して、それぞれが自分の個性に合ったスタイルを編集できるように、というのがオリヒカのブランドとしてのコンセプトなのです。
ダロンヴィル氏によれば、「ORIHICAのアイテムにルールはありません」。
このコンセプトに興味を持たれた方は、ぜひオリヒカのアイテムをチェックしてみてください。
公式サイトはこちら