手形割引の実体

手形は商法で規定される有価証券です。
それには金額と支払日が明記されており、手形振出人の署名捺印がなされています。
手形は商法に基づく、れっきとした証券証書であると言うことも出来ます。
会社勤めで経理を担当された方ならすぐに分かるのですが、会社間の取引では、通常、現金払いと手形払いとを併用いたします。
資金力のある会社では現金払い100%の会社が多いのですが、そういう会社は信用力も高いです。
手形払いにするには理由があります。
資金力の乏しい会社では、一生懸命努力しているにもかかわらず自転車操業のところが多いのです。
手形払いで、支払期限が来るまで、がむしゃらに働いてお金を稼ぐのです。
手形割引とは、その有価証券を期日前に換金することです。
手数料と日数に応じた金利を徴収されます。
銀行もしくはノンバンクの業者で引き受けてくれます。
銀行は信用第一主義で割引の審査が厳しいのが特長ですが、金利は低く設定されています。
ノンバンクの業者は審査は甘いのですが、高額の金利を支払わなければなりません。
手形割引|事業者向けファイナンス事業|事業内容|株式会社 日本保証