査定価格は、機種と保存状態におおきく影響されます

使っていないカメラがあるときには買取をオススメします。最近はネットオークション等で売り払うこともできますが、高額で売買されているのは評判のいい機種や比較的新しい機種が主です。型落ちや故障品等は滅多に売れることはありません。その点、店舗で査定しての買取だと故障品でも買い取ってもらえることがあります。特に大手だと海外に販売経路を持っていることも多く、型落ちの機種でも安定して販売が見込めるので、ネットオークションなどに比べ、買い叩かれることがないそうです。

査定価格は、機種と保存状態におおきく影響されます。機種は、一部のコレクターアイテムを除いて、より最新のものが高額です。売ろうかなと悩んでいる暇があったら、一秒でも早く査定に持ち込むことで、一円でも高く売ることができます。保存状態については、普段からまめに清掃・手入れをしておくことが高値買取のポイントなのですが、今回は査定に持ち込む前にできる簡単にできる手入れをお教えします。

グリップのべたつきの除去しましょう。カメラのボディはグリップの部分が滑り止めになっています。長年、手入れなく使われたものはべたつきが出ているかと思います。重曹かエタノールを染み込ませた布で拭いてください。これでべたつきが取れて、買取価格の高くなると思います。